こんにちは。

 

8月も終わりを迎えようとしています。

毎年思いますが、夏はあっという間に過ぎてしまいます。

 

残暑が長引くこともありますが、ここ最近は天気が不安定です。

 

朝からキレイな青空が見たいものですね。

 

 

 

さて、昨日は常磐の現場へ行ってきました。

 

床下のダクト配管→完了

 

 

 

 

床下チャンバボックス→設置完了

この上に室内機が設置されます。

 

 

 

こちらは、通常のCCF STYLEではなくて、CCF STYLE DSというシステムを採用しています。

 

CCF STYLE DSの特長は・・・

 

★床下全体を空気チャンバとして使用して、

 床と居住空間全体を暖める温風床下暖房システムです。

 

★冷房機能を付加することで、全館空調+床暖房システムになります。

 

★マイナス水素イオンを発生させるMGIQFILTERを標準そうびしているので、

 暖房時は、暖房と空気清浄、その他の時期は空気清浄を行います。

 

熱源器は、ガス・灯油・電気(ヒートポンプ)の3種類から選択できます。

 

CCF STYLE DS本体

・温風床暖房時→暖かい空気をつくる心臓部

・CCF STYLE DSを利用した全館空調時(冷房時)→夏季はファンだけを運転して家の中の空気を循環させます。

 

 

 

基本的には、CCF STYLE DSも冷房機能を付加しますので、

CCF STYLEと大きな差はありませんが、熱源器の選択が増えます。

 

 

CCF STYLE DS→ 温風床暖房システム+全館空調

床吹出口> 暖房時=暖風の吹出し、 冷房時=空気の循環、

天井吹出口> 冷房時=冷風の吹出し

熱源器> 電気(ヒートポンプ)

 

CCF STYLE→ 床下冷暖房システム+全館空調

床吹出口> 暖房時=暖風の吹出し、 冷房時=冷風の吹出し

天井吹出口> 冷房時=冷風の吹出し

熱源器> 電気(ヒートポンプ)、ガス、灯油の3種類

 

 

例えば、オール電化ではなく、キッチンはガスがいいというご家庭には、

こちらのCCF STYLE DSの方を提案させていただきます!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CCF STYLE DS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です