こんにちは。

 

昨日は、『里山住宅博inつくば』に行ってきました。

 

2016年に神戸で開催され話題を呼んだ『里山住宅博in神戸』につづいて、関東域で初めて開催されています。

 

『里山住宅博inつくば』は、これからの積極的な郊外居住のあり方を示す住宅博覧会です。

期間終了後は、モデルハウスは住まい手に譲り渡され、永く住み継がれる町になります。

 

住宅博の舞台となる春風台ヒュッゲガーデンは、良好な景観を守るため、

景観協定を作成し、つくば市に認可されました。

建物の高さや面積、外部の仕上げや、共有地に面する部分へ制限など、

美しい景観を保つために、自らルールを定めました。

ここに建つ家は、その前を通る人の風景でもある、という考えです

 

そんな素敵な場所へ行ってきたのです。

 

 

何件か見学、体感できたのですが、室内の写真はNGのところがあり、

アップできませんのでご了承くださいませ(;´・ω・)

 

 

コモンというみんなの共有の庭スペースがあり、

自然と触れ合いながら、気持ちよく過ごせる場所があります。

 

 

 

 

今回のメインとして見学・体感をした住宅が、

 

私たちがつくる『ZERO・ONE・HOUSE』ネットワークの本部である駒匠様がてがけた、

 

「世界が感動する快適性能の家』です!

 

新開発のCCF TYLE DSK(加湿型床下冷暖房システム)により、

冬は、家中にあたたかな空気を送ると同時に、加湿して過乾燥も防ぎます。

 

 

 

 

里山の環境に溶け込む、木製外装材を使用。

 

室内でもたくさんステキな意匠デザインがあったのですが、写真は撮れず・・・

 

 

 

里山住宅、

 

のんびりとした時間が流れる場所。

 

程よく自然がある。

 

今後こういった場所が増えてくるようにも思います。

 

このような場所で、自然にも触れあいながら暮らせたら幸せだなと感じました(・ω・)ノ

 

 

 

 

里山住宅博inつくば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です