こんにちは。

 

先月、会津に行った際にさざえ堂へ立ち寄ってきました♪

 

 

さざえ堂の注目すべき点は、二重らせん構造の特殊なつくりで、、

上りと下りの動線が独立しているため、参拝客は決してすれ違うことがありません。

 

その特異な構造から国の重要文化財に指定されています。

 

 

外観。

 

 

 

 

正式名称は「円通三匝堂(えんつうさんそうどう)」

 

外観がさざえに似ていることから、さざえ堂と呼ばれるようになったとのことです。

 

 

 

 

中に入ると、確かに・・・

誰ともすれ違わず、足音や声だけが聞こえるだけでした。

 

 

 

内部は一本道で時計回りのスロープとなっています。

 

また建物自体の年期はもちろん、天井も異様に低く圧迫感のある空間です。

 

 

 

 

200年以上前に建てられたこの建物。

 

 

なんとも不思議な建物でした♪

 

 

 

 

さざえ堂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です