『福島県の避難指示区域における現状について』という資料を目にしました。

 

福島県に住むものとして、頭にいれておかないと、と思いまして、本日はブログにアップさせていただきます。

 

福島県では東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い、一部地域において、避難指示区域が設定されています。避難指示区域のうち、これまで、平成26年4月に田村市、10月に川内村の一部、平成27年9月に楢葉町の避難指示が解除されました。また、南相馬市、葛尾村、川俣町、川内村の居住制限区域・避難指示解除準備区域において、既に準備宿泊が始まっております。今後これらの地域で復興が進み、住宅の修繕・改築の需要が高まることが期待されるそうです。

避難指示区域は、年間積算線量等に応じて3つの区域にわけられています。居住制限区域と避難指示解除準備区域への立入りに制限はありませんが、帰還困難区域に立ち入る場合には、一定の手続きを行う必要があります。

 

160305_1

 

上の図を見ると、こんなに多くの地域が・・・と思ってしまいます。

 

震災、原発事故から5年、これからも一日一日を大事に過ごしていかなくてはと、改めて思いました。

 

 

明日からも頑張っていきましょう!

 

そろそろ5年ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です